忍者ブログ
見ているドラマの予告メモです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


陽はまた昇る 第2話 予告

 入校式を無事終え、遠野一行(佐藤浩市)はいよいよ警察学校教官として本格的なスタートを切った。一方、宮田英二(三浦春馬)ら遠野教場(=クラス)の訓練生たちもまた、正式に巡査として採用。警察学校での半年間にわたる過酷な試練が、遂に幕を開ける!
 そんななか、さっそく捜査実務の授業を開始した遠野は自ら不審者に扮し、訓練生たちに職務質問をさせることに。トップバッターとして遠野に職務質問した湯原周太(池松壮亮)と英二のペアは、あっけなく失敗する。上手くやるコツを教えてほしい、と申し出る訓練生たち。ところが…「そんなことは自分で考えてくれ。私は一切教えない」遠野はおよそ教官らしからぬ言葉で、訓練生たちを突き放す。
 そのころ、初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)は遠野が教官を続けることを危惧していた。先日、図らずも英二が人質となった立てこもり事件の現場に、仮入校の生徒を連れていった遠野。その行動はマニュアルに従って完璧な指導を志す"鉄の女"の佐和子にとって、正気の沙汰とは思えぬものだった…。「あの男は危険です」佐和子は校長の内堀清二郎(橋爪功)に直訴するが…。
 翌日、遠野から課せられた過酷なトレーニングをこなした英二らは、空腹のあまり寮を抜け出してラーメン店へ。警察学校では無断外出は禁止。規則を破れば、退学もありうる…。しかし英二らは、引きとめようとする周太らを振り切り、軽い気持ちで抜け出したのだ。ところが、ラーメン店に入った途端、偶然食事をしていた遠野と鉢合わせに! どういうわけか怒らない遠野に対して不安になった英二たちは、赦してもらうために何をすればいいか問う。そんな彼らに遠野は冷たく言い放つ。「昨日言ったはずだ。私は何も教えない」「どうすればいいのか、自分たちで考えろ。それまで授業は行わない」追い詰められた英二らは必死に対応を考え始める。と
ころがその矢先、ある事情から英二が再び無断外出をしようとし…!?


PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
P R
Copyright ©   ドラマの予感   All Rights Reserved
Design by MMIT / T-B4  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]