忍者ブログ
見ているドラマの予告メモです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


遺留捜査 第11話(最終話) 予告

 加賀見享(大杉漣)のかつての部下、斎田修署長(長谷川初範)がビルの屋上から転落死した。糸村聡(上川隆也)は現場で笛のような筒を発見し、鑑定に回す。斎田の周辺で日本音響研究所所長の江藤奈津子(水野真紀)の姿が確認された。斎田は18年前、奈津子の兄が殺害された事件を加賀見とともに担当。奈津子が殺害現場で目撃したという銀のスプーンの存在を加賀見らは否定していたが、奈津子はそんな加賀見らに不信を抱いているようだ。糸村は施設にいる斎田の母・斎田登代子(佐々木すみ江)を訪ねる。例の筒の写真を見せるが、登代子にもわからない…。
 糸村は加賀見から斎田の周辺から銀のスプーンを探せと命令される。奈津子が現れてから様子がおかしくなった斎田は、死の直前、加賀見に謝罪していたという。加賀見は謝罪の意味が銀のスプーンが実は存在していたからではないか、と推測していた。筒状のものが斎田の犬笛であることが判明した。笛からは微量の長石と酸化鉄が検出され、糸村は犬笛には斎田の思いがこもっていると直感する。斎田の死と犬笛、そして銀のスプーンを結びつけるものとは?


PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
P R
Copyright ©   ドラマの予感   All Rights Reserved
Design by MMIT / T-B4  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]