忍者ブログ
見ているドラマの予告メモです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


遺留捜査 第10話 予告

 定年退職したばかりの山崎善行元巡査長(鶴田忍)の他殺体が発見された。糸村聡(上川隆也)は山崎が持っていた就職情報誌と犯人のものと思われるハンカチに着目する。山崎の元上司・斎田修署長(長谷川初範)は警察犬の導入を提案。かつて山崎と斎田の上司だった加賀見享(大杉漣)も導入を許可する。
 再就職を断った山崎がなぜ就職情報誌を持っていたのか?山崎の妻・山崎芳江(前沢保美)も息子の山崎悟(橋爪遼)もわからないという。自分は連れ子だから、と山崎と距離を置く悟は、警察官として仕事に没頭、母に苦労をかけてきた父を恨んでいるらしい。織田みゆき(貫地谷しほり)らの調べで、山崎が日本音響研究所の江藤奈津子(水野真紀)の前で土下座していたことがわかった。どうやら18年前に加賀見や斎田らが担当した弁護士殺害事件と関係があるらしい。
 山崎が執行猶予中の大田進(千代将太)のために仕事を探していた。就職情報誌の謎が解けた糸村は警察犬の動きを見て…。大田の就職の話から山崎がいかに息子を思っていたか、糸村は悟に語りかける。その一方で奈津子と加賀見、斎田の苦い過去が甦り、事件は意外な方向へと進展していく…。


PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
P R
Copyright ©   ドラマの予感   All Rights Reserved
Design by MMIT / T-B4  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]