忍者ブログ
見ているドラマの予告メモです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



相棒 season9 第14話 予告

 銀行支店長の樋村が何者かに殺害された。樋村の自宅を調べた右京(水谷豊)と尊(及川光博)は、殺害されたときに着ていたスーツだけがクラシカルなスタイルであることに着目。そのスーツを仕立てた「古谷洋服店」を訪ねる。樋村を担当したテーラーの真紀(青山倫子)によると、樋村は殺害される直前、店に来ていたというが、真紀も三代目の店主・古谷(小松政夫)もアリバイを主張。右京は真紀にスーツを仕立ててもらうことにするが…。
 樋村が真紀に融資を検討していたことがわかった。資料によると、真紀は独立を考えていたようだが、最終的に融資は中止に。2人の間に何があったのか?
 やがてデベロッパーの安藤(森次晃嗣)が300億円の融資を樋村の銀行に決めたことが判明。その安藤のスーツを見た右京は…。



告発~国選弁護人 第4話 予告

 佐原(田村正和)は、日本中が鬼の母と呼んだ殺人犯・清水熱子(若村麻由美)の事件を調べるため、甲府へと向かっていた。その事件は2008年5月に起きた。熱子の一人娘・秀子(川島鈴遥)が桃林で行方不明になり、その翌日から近所では熱子が秀子を殺したという噂が流れ、マスコミはこぞって熱子を追いかけ回し、犯人扱いする。錯乱した熱子は、秀子を売春婦の娘といじめていた同級生の中里春子(杉山優奈)を絞殺。その数日後、行方不明だった秀子の遺体が川で発見されたのだ。
 事件現場に到着した佐原は、熱子を逮捕した刑事・遠藤政子(岩崎ひろみ)と合流し、事件の詳細を聞く。遠藤によれば、熱子に秀子殺害の記憶はないという。いじめられたことを苦に家を飛び出した秀子が、川縁の鉄柵に上ったのを止めようとした時、ただ「火を見た」というのだ。遠藤はマスコミに情報を流した張本人だった。しかしその後、状況証拠のみで熱子を起訴したことに反発。自分の軽率な行動を悔いた遠藤は、一審では死刑判決が出るだろう熱子の、二審以降の弁護を引き受けて欲しいと佐原に懇願する。
 大方の予想通り、一審では死刑が言い渡されるが、熱子は即日控訴。弁護団は解散し、佐原が国選弁護人に就任する。純子(真矢みき)が心配する中、誰もが死刑が当然だと思っている事件にこそ、弁護士のなすべきことがあるとの信念で再び甲府へと向かった佐原は、さっそく熱子に接見するが…。


悪党~重犯罪捜査班 第3話 予告

 横浜の雑居ビルの空き店舗で外食企業の専務・胡桃沢忠行(松田ジロウ)の刺殺体が見つかった。胡桃沢はそこに新たなチェーン店を開く予定だったらしい。現場に向かっていた富樫正義(高橋克典)は、付近の店舗の物置に東南アジア系の少年(本川嵐翔)がおびえた様子でうずくまっているところを見かける。その子の保護を女性警察官たちに頼み、捜査に向かう富樫。
 第四係の面々が揃い、現場検証が始まった。だが、その途中で富樫が突然走り出し、飯沼玲子(内山理名)も後を追って行ってしまう。部下たちのわけのわからない行動に、苛立つ係長の里中啓一郎(小泉孝太郎)。当の富樫は、現場のビルの入り口付近で貝のネックレスが入った紙袋を発見、あの少年が同じネックレスを下げていたことに気づき、女性警察官らのもとへと走ったのだが、少年はすでに逃げ出してしまっていた。彼は事件の目撃者かもしれない…。富樫と玲子はなんとか少年を捜し出したものの、彼は堅く口を閉ざしていた。もし不法入国だとしたら署で保護することはできないため、富樫は自宅に少年をかくまうことに決める。
 一方、捜査本部は怨恨の線で捜査を進めていた。胡桃沢は3年前から社長の篠崎光代(RIKACO)の右腕として業績を著しく伸ばしてきたやり手だったが、乱暴な乗っ取りを重ね、あちこちで恨みを買っていた。光代によると、胡桃沢は独断で動くことが多く、最近では大手外食チェーンとトラブルが発生。暴力団員風の男から脅迫まがいの電話もあったという。
 そこで里中は大手外食チェーンの会長・立石文彦(岡田正典)のもとを訪れ、単刀直入に事件について聞こうとする。だが、その愚直なほどにまっすぐな態度が立石を怒らせ、ひいては彼と繋がりのある大手代議士から圧力がかけられてしまい…!?



PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
P R
Copyright ©   ドラマの予感   All Rights Reserved
Design by MMIT / T-B4  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]