忍者ブログ
見ているドラマの予告メモです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


告発~国選弁護人 第6話 予告

 佐原(田村正和)は富田(松尾敏伸)から、裁判員裁判で死刑判決が下った殺人事件の弁護をして欲しいと依頼される。それは、エリートサラリーマンの宮崎康文(大西信満)が、何の面識もない井上隆男(長谷川博己)という男に突然路上で刺されて亡くなるという事件だった。一審の弁護人は控訴を勧めるが、井上はそれを拒否。一度の裁判で死刑が確定してしまうことを危惧した富田は、佐原に相談してきたのだ。
 富田と共に井上の接見に行った佐原は、井上に悔恨の情が見られないこと、被害者の宮崎と一切関係がないにもかかわらず、即死状態の宮崎を何度も執拗に刺したことが気になり、弁護を引き受けることに。井上は拒否するが、佐原は「国選弁護人の私を解雇することはできない」と言い放つ。
 その後、佐原は宮崎の妻・由紀子(国仲涼子)のもとを訪れ、井上の弁護人になったことを報告。由紀子は佐原に対し、井上のことは許せないが、死刑が妥当かどうかは分からないと複雑な心境を吐露する。
 その後の調査で、由紀子と宮崎は8年前に学生結婚していたことや、宮崎はベンチャー企業の御曹司だったため、マスコミに取り上げられるほど豪華な披露宴だったことがわかる。そんな中、かつて刑事だった鶴岡が、宮崎にかつて集団レイプの首謀者として逮捕された過去があったことを思い出す。その事件は、証拠不十分で不起訴になったものの、レイプを告発した女子大生が自殺していたことが判明して…。



告発~国選弁護人 (テレビ朝日 木曜21:00)
キャスト
佐原(田村正和)、田中純子(真矢みき)、佐原鶴子(相武紗季)、鶴岡健次(近藤芳正)、富田博(松尾敏伸)、佐藤健吾(山口智充)、岡部雅也(橋爪功)
スタッフ
脚本:竹山洋
演出:藤田明二
音楽:沢田完
チーフプロデューサー:五十嵐文郎
プロデューサー:内山聖子 、藤本一彦
制作協力 :ガロパン・カート・フィルム
制作著作 :テレビ朝日
告発~国選弁護人

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カテゴリー
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
P R
Copyright ©   ドラマの予感   All Rights Reserved
Design by MMIT / T-B4  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]